感情的になる人

感情という動物ではありがちなことは人間では明らかに表に出て
しまうことがあります。イライラしたら顔に出ますし態度にも
出ますよね。理不尽な事だと分かっていても感情を抑えれない時も
あります。でも本当に怒っていいのかはその時で違います。
かえって怒らないほうがいい時もあります。

そのコントロールができる人は組織のリーダーに最適な人間に
なっていくはずです。怒鳴ってばかりだと人が離れていきます。
笑って過ごすくらいがちょうどいいのかもしれません。
感情で犯罪を起こしてしまっては何もなりません。でも人を怒らす
ことはしてはいけないと言われることはありますが全員がその教えを
実行しているわけではありません。

はやり感情のコントロールはどんな時でも必要不可欠なのではないで
しょうか。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月18日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金融会社を正面から拒絶」です。

次のブログ記事は「プロミスから10万円キャッシングしたときの本当の金利は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。